研究の道具箱:山田晴通

』『季刊ノイズ』 バックナンバー所有状況



山田が個人所有している『炎』のバックナンバー一覧です。
(最終更新:2007.10.07.)
1994No.1R・ブラックモアシン・リジィ
1994No.2MR.BIGピンク・フロイド
1994No.3レインボーフェスティヴァルプログレ
1995No.4メガデスジミー・ペイジ/ロバート・プラントデイヴィッド・カヴァデール
1995No.5ボン・ジョヴィオジー・オズボーン英国老舗ロック・レーベル
1995No.6スキッド・ロウUFO英国3大ブルーズ・ロック・バンド
1995No.7R・ブラックモアアイアン・メイデンジョン・サイクス
1996No.8Y・マルムスティーンデフ・レパードクイーンAC/DC
19965オジー・オズボーンペイジ/プラントブラック・サバスブルー・オイスター・カルト
19967メタリカアクセプトアイアン・メイデン
19969 (未入手)
199611KISSTNTイエス
19971スティーヴ・ハリス/ラーズ・ウルリッヒKISSガンズ&ローゼズビリー・シーン
19973エアロスミスナイト・レンジャージョー・リン・ターナー
19974ホワイトスネイクメガデスクイーンズライクエアロスミス
19975 (未入手)
19976メガデスゲイリー・ムーア
19977 (未入手)
19978ラットメタリカジョン・ボン・ジョヴィジョン・サイクス
19979アリス・クーパー『オズ・フェスト』ジョン・ノーラムジミ・ヘンドリックス
199710Y・マルムスティーンサヴァタージガンマ・レイ
199711ジューダス・プリーストドリーム・シアターキング・クリムゾン
199712レッド・ツェッペリンライオットオジー・オズボーン
19981メタリカブラックモアズ・ナイトY&T再考アメリカン・メタル
19982総決算HM/HR1997エアロスミスブラック・サバス
19983ヴァン・ヘイレンジョン・ボン・ジョヴィロート兄弟
19984 (未入手)
19985アイアン・メイデンジューダス・プリーストペイジ&プラント
19986追悼コージー・パウエルディオブラインド・ガーディアン
19987異説ディープ・パープルサンダースレイヤー
19988プレイング・マンティス商業メタルと呼ばれて/ジューダス・プリースト他
19989ドラマティック・メタル白書/アングラ他ジャーニー
199810KISSブルース・ディッキンソンストラトヴァリウス
199811ブラック・サバスラットモトリー・クルーHM/HRとホラー精神
199812クイーン"AOR"ハード/イエス他

外部リンク:B!誌人物名鑑

山田が個人所有している『季刊ノイズ』のバックナンバー一覧です。
(最終更新:2007.02.06.)
1989No.1[特集]ブルガリアのコーラス西アフリカ・ポピュラー音楽の歴史歌謡曲の成立と作詞家の誕生
1989No.2[特集]美空ひばり人間にとってのノイズ非西欧世界の大衆音楽インド洋とマダガスカルの音楽
1989No.3[特集]アフリカ音楽の現状黒人が見た黒人の歴史インド音楽を録る山城祥二楽器は世界をめぐる
1989No.4[特集]ヨーロッパ周縁部の音楽語り物のメッセージ力マラヴォワが語るカリブ音楽の不思議
1990No.5[特集]"世界音楽" 中間総括エルフィ・スカエシ誌上ショウヌスラットを聞く
1990No.6[特集]インドネシアの音楽トリニダードのカーニヴァルヌスラットのカッワーリー談義
1990No.7「ブンガワン・ソロ」のグサンが来日注目を集めるコロンビアの音楽田中勝則のブラジル音楽ルポデティ・クルニア・インタヴュー
1990No.8スーダンのポップ・スターたちマレイシア音楽の扉を開く都はるみのワールド・ミュージック西アフリカ・ポピュラー音楽の起源
1991No.9 (未入手)
1991No.10へティ・クース・エンダンの来日クロンチョンに挑戦しよう素顔をさらしたサリフ・ケイタ続・歌謡曲の成立と作詞家の誕生
1991No.11[特集]東京チンドンの現在久保田麻琴の新感覚アジア音楽来日したデイヴィッド・ラダー南アフリカ最新リポート
1991No.12[特集]カリブ海音楽の底流世界音楽準決勝線その後97歳・現役 新内の岡本文弥
1992No.13[特集]スパイク・リートルコ、イランの大衆音楽事情東京はラテンで盛り上がるパリ発アフリカ音楽の仕掛人高周波にあった快感の秘密

バックナンバー一覧:『(ニュー)ミュージック・マガジン』『レコードコレクターズ』『炎』『季刊ノイズ』

このページのはじめにもどる

ポピュラー音楽研究リンク集へゆく
道具箱のふたへゆく

山田晴通研究室へゆく    CAMP Projectへゆく